元気でち。

最近忙しくてなかなかブログの更新ができません。orz

今日はテンパりすぎて、

  • 電車を乗り間違え(おまけに蒲田止まりかい!)
  • オフィスの入館証を無くして、総務部の人に叱られ

あ〜もうっ!!

そんな訳で、ジェニー嬢のお世話はもっぱらパパがやっています。

***

相変わらずお嬢は元気いっぱいです。おもちゃを咥えて走り回るのが大好きです…が、カーテンのすそを咥えて走り出そうとした時にはさすがに焦りました。

猫を飼っていると、カーテンにはあまりこだわらなくなるかと思います(泣)。猫がボルダリングというかロッククライミング的にカーテンに登るからです。orz しかし、有ると無いとでは全然違う! どんなにズタボロのカーテンでも、取っちゃダメじゃん。

ピンクのおもちゃは、懐かしいお里の香り。

お里を離れて11日。体重は8.5kgになりまちた。

あっという間に「お嬢様」から「悪ガキに」。:-)

ジェニーが我が家に来てからまだ一週間も経ちませんが、どこか不安げでおとなしかったのは最初の一瞬だけ、あっという間に元気いっぱいの「ザ・悪ガキ」になりました。

「バーニーズってこんなに走る犬だったっけ?」というくらい、家で走り回っています。身軽な今なら飛行犬写真だって撮れそう。早く狂犬病の予防接種を終え、ドッグランデビューしたいものです。

今日は、ジェニーに新しいおもちゃを一つプレゼントしました。IKEAで売られているバーニーズのぬいぐるみです。「対象年齢:0歳以上」で舐めても齧っても安全そうなのと目がボタンでない点が気に入りました。目がボタンのぬいぐるみって、誤飲が心配なんですよねぇ。

本当は、こちらのアラスカンマラミュートのように「成犬になっても自分そっくりのぬいぐるみを大切にしていたら可愛いよな〜♪」と思いながらプレゼントしてみたのですが、ダメみたいです。orz 日付が変わるまで原形を保っていられるかどうか……。

 

ジェニーのおもちゃ箱

私が無宗教であるため、アイニーが亡くなった後、特に位牌などは用意せず、四十九日に何かをするというようなこともありませんでした。

(私自身が死んだ後もそれでいいです〜。一番シンプルな“処分”方法が理想です。)

そして、どういう物をアイニーの主な形見として残したかと言うと、おもちゃです。MONOCOで見つけた可愛らしい収納ボックスに入る分だけ特に思い出深いおもちゃを形見として残し、他は処分しました。

おもちゃの一つ一つに思い出があります。たとえば、下の写真の黄色いアヒルはWoofで水泳を頑張ったご褒美だったとか、緑のドラゴンは辰年にIKEAで買って申年の去年になってもアイニーがよく咥えて振り回していたとか……。

(ドラゴンはもともとは2匹持っていて、1匹は火葬の時にアイニーに持たせました。)

2017-05-08-03

アイニーの思い出という扱いだった収納ボックスですが、ジェニーがそこから気に入ったおもちゃを引っ張り出しては遊び始めました。ちょっと複雑な気分です。触らないでほしいような、しかしジェニーが喜んでいる以上許可したいような……。

「トイ・ストーリー」シリーズの映画のことを思い出します。

おもちゃとしては、死蔵されるよりは活用してくれる新しいオーナーの手に渡って遊んでもらえる方がいいのかな。

とりあえず、とっちらかしたままにせず、片付けてほしい!! :-)

これからお勉強。

★お勉強その1

子犬の育て方の本を2冊買って来ました。

2017-05-08-01.png

(ブックエンドを務めてくれているのは、猫のぽんさんです。)

生後約4ヶ月で我が家にやって来たアイニーは、とても賢い犬であったと(他の犬を育てたことのない)私たちは思っています。「出来たらご褒美」方式で、たった一度でやるべきことを覚えたりしていました。

が、生後2ヶ月半で我が家にやって来たジェニー嬢は、どう見てもアイニーより幼い。学習能力は、アイニーより幼い分、当然ながら低そう。集中力も散漫です。今は「あどけない」という表現がぴったりのジェニーです。

アイニーに出来たことをそのまま今のジェニーに期待するのは明らかに間違っています。過度な期待とトレーニングはジェニーを追い詰めてしまいそう。

そのため、このくらいの週齢の子犬にはこのくらいのことを学んで欲しいなぁ〜ということを私たちが学ぶために、ペースダウンのために本を買って来たという訳です。

『新版 子犬の育て方完璧宣言!: 子犬が来た日から始める16週間のしつけと健康管理』という本は、Amazonの本紹介のデータでは次のような内容の本となっています。

本書では、生後8~10週齢程度の子犬が家庭にやってきた週を第1週目として、以降16週までに行いたい16のしつけを週別に説明しています。しつけの内容は、トイレやサークル・トレーニングなどの生活習慣を教えるもの、また人や環境に慣れさせる社会化、スワレ、マテなどの暮らしの中で必要なトレーニング、飼い主に依存しない自制心をつけるトレーニングなどを犬の行動学に基づいて解説しています。また併せて健康管理も掲載しています。

これを読みながら、焦らずのんびりとジェニー嬢にいろいろ身につけてもらおうと思います。

***

『ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる』の方は、要約すると以下のような内容です。

後に問題犬とならないためにも、そして、愛犬が幸せな犬生をおくるためにも、月齢にあわせて子犬に学ばせたいことがたくさんあります。
これは、どの個体も同じレッスンをすればいいのではなく、その子の気質にあわせたレッスンが必要なのです。

では、どのように気質を見抜き、どのようにレッスン内容を変えて行ったら、無理なくその子の個性をのばし幸せな犬生をおくれるりっぱな大人の犬として育ててあげることができるのでしょうか。

プロはもちろん、飼い主さんにも必見の1冊です。

ジェニーは大型犬ですから、特に「ちゃんと」育つ必要があると思っています。同じ問題行動を起こしても被害が小型犬とは比べ物にならないほど甚大になります。

ジェニーのことをよく理解し、いい子に育ってほしい(いや、育てたい)ものです。

※ URLを見れば分かりますが、アフィリエイト目的での本紹介ではありません。:-)

*****

★お勉強その2

巷で最近流行りのラズベリーパイ(通称ラズパイ)。我が家でも取り入れてみることにしました。

2017-05-08-02.png

たまたま前から持っていたUSBカメラが不要になったので、これをラズパイに接続してジェニーの様子を遠くから観察しようという訳です。

我が家は基本的に平日も人が家に居るのですが、ジェニーが「上手にお留守番♪」できるよう訓練しておく必要があると考えています。寂しがって鳴く癖は直していく必要があります。そのため、あえてジェニーを一人ぼっちにしてみるのですが、も〜気になって気になって仕方ありません。だから、こっそり監視です。

 

 

おニューの首輪とぬいぐるみなのでち。

我が家に来て4日目のジェニー。今朝までは故アイニーが使っていた首輪をつけていました。

別にケチりたいとかジェニーをアイニーの身代わりにしたいとかではなく、単純に「決められなかった」せいで、ジェニー専用の首輪を買うまでにずいぶん時間がかかってしまいました。物自体はジェニーがうちに来るずっと前、迎えることを決めた日から探し始めていたんですけどね。

アイニーの時は、最初に「とりあえず」で買ったホームセンターの粗悪な首輪のせいで胸の白い毛が青く染まったり、某老舗デパートで買ったハーネスからすぐにポロポロと何かはがれて「高い=良品ではない」ことを学んだりと、いろいろあったので、ちょっと慎重な私です。(^^;

***

そして今日届いた首輪がこちら。

ハートとお花の可愛らしいデザインです。一生必要にならないでほしいけれど、迷子札もちゃんとつけました。

2017-05-07-01

2017-05-07-02.png

首輪を選ぶ際、今後の成長のこともあるのでサイズ選択が一番難しかったです。

参考までに、ただいま体重7.6kgほどのジェニーの首周りはだいたい35cmで、この首輪はMサイズです。

***

今日のジェニーはおニューのぬいぐるみもゲットです。

ジェニーの「初めてのお友達」クーフンのパパがくれたクマ。もともとイタグレのクーフンはアイニーの最初のお友達ですから、我が家では二代に渡ってクーフンが「初めてのお友達」ということになります。:-)

クーフンのパパ、どうもありがとうございます!!

このぬいぐるみ自体は3日前に北海道でいただいていたのですが、我が家の方がてんやわんやと落ち着かず、といいますか、せっかくのぬいぐるみをいまだトイレの場所の定まらないジェニー嬢に無駄に汚されるのもしのびなく(※)…ジェニーに渡すのが今日になってしまいました。

※ クマのぬいぐるみだから、なんとなくテディベアを連想させるんですよね。子供の頃初めて手にした日から大人になってもずっと大切にしていたりするような……。たぶん、そういうのは全く関係なく、北海道だからクマが選ばれたのだとは思うんですけど。(^^;;

2017-05-07-03.png2017-05-07-04.png

首輪と一緒にAmazonから届いたロープのキリンも本日デビュー。そっちは歯ブラシ代わりにガシガシ噛んで解体しちゃっていいからね〜。

2017-05-07-05.png

 

うちの子になって三日目。

タイトル通り、ジェニーがうちの子になって三日目です。

***

今日は、猫用に買ってあったカートでのお出かけです。

ごまぽんの通院用に買ったのですが、いつもキャリーバッグで間に合ってしまうので購入後6年以上未使用。orz 今回ジェニーが初めて乗りました。

2017-05-06-01.png

***

今日の大切な用事は、この先お世話になるであろう皆様への挨拶です。アイニー大おじさんもお世話になっていました。

2017-05-06-02.png

でっかいでっかいバーニーズのお兄ちゃん。

他にもたくさんの人&犬に挨拶させていただきました。

これからジェニーをよろしくお願いいたします。m(_ _)m

***

緊張の面持ちで挨拶を済ませた後は、別の公園で休憩。

2017-05-06-03.png

2017-05-06-04.png

2017-05-06-05.png

2017-05-06-06.png

パパから水をもらって休憩。

2017-05-06-07.png

***

それにしても、写真への文字入れがめんどくさすぎる!! 何かもっと効率良く文字入れできる方法を模索したいと思います。

ところで、どうしてブログのタイトルだけでなく撮影日まで入れているかと言いますと。

私たちは今もデジタルフォトフレームに入ったたくさんのアイニー(と猫)の写真をスライドショー形式で見ながら暮らしています。そして、「この時は暑かったよね〜。」「またここに行きたいね」みたいな会話をよくします。

で、問題は、「いつ撮ったか分からない写真が多いこと」なのです。別の場所に保存されているマスターデータと照合すれば分かりますが、その照合(と写真への字入れ)作業はいろいろ自動化したとしても結構大変。

子犬の頃はいつの写真か簡単に分かりますが、成犬になった後、毎年同じ場所で菜の花やひまわりを背景に写真を撮っていると「これはアイニーが何歳の時のだ??」。もー分かりません。orz これが、アイニーに関して私たちが「三大後悔していること」の一つなのです。

デジタルフォトフレームには何十万枚も画像データが入るので、今後ジェニーの写真もどんどん追加されていく予定です。その時にアイニーの時と同じ後悔をしたくないので、いつどこで撮った写真かが簡単に分かるよう情報を残していくつもりです。

 

うちの子になって二日目。

朝早くから大騒ぎするジェニーに起こされました。orz 元気いっぱいです。

まずは公園に行ってみました…が、もう蚊が出てるんですよね。暑かったこともあり、あまり長居をせずに撤退しました。

2017-05-05-01

2017-05-05-02.png

ジェニーの動きがとても早く、スマホのカメラではどうにも追いきれません。慌てて一眼レフに切り替えました。

撮影者の腕が腕なので、残念ながらたいして良い写真は撮れていませんけどね。それでも一眼レフの写真は(スマホと比べれば)いい感じです。そのため、一応サインを入れることにしました。

去年の今頃、「アイニーの写真をたくさん撮るぞー!!」と思って、デジタル一眼レフを買い換えたのです(三代目)。実際には、仕事が忙しかったり、アイニーの闘病が始まったりで、これまでほとんど使う機会がありませんでした。操作方法もまだ習得できておらず、今月せっかく北海道に持って行ったのに一枚も撮らずに帰って来ました。(^^; つまり、今日使い始めたばかりという状況に近いです。

これからはジェニーの写真をたくさん撮りたいなと思っています。

***

公園の後は、ホームセンターでお買い物。ジェニー、カートデビューです。

***

その後は、動物病院へ。今日は祝日なので休診だと思っていたのですが、開いていることに気づいたので明日行く予定を早めました。

ジェニー、北海道の動物病院で何か怖い思いをしたの!?!? (^^;; 建物に入る前はご機嫌でいろんな人に愛想を振りまいていたのに、入った途端後ろ足の間で尻尾を丸めブルブル震え……。そんな姿は初めて見ました。診察台の上で後ずさりし過ぎて危うく落っこちるところでした。

一応フィラリアの検査をして陰性であることを確認してからゾエティス社のレボリューション12%というフィラリア・ノミ・耳ダニの駆除・予防剤が処方されました。今後の体重の増加が大きそうなことを考え、毎月体重に合わせた薬を出してもらうことになります。

2017-05-05-03.png

2017-05-05-04.png

診察が終わった後は尻尾が上がっていました。

アイニー大おじさんのように、動物病院が大好きな子に育ってほしいな。痛い思いもたくさんしたはずなのに、ほとんど遊びに行くような感じでした。嫌々行くよりはストレスがたまらないと思うよ。